Labyrinthos

甘いはずだ

華麗・浪華…ではなく、加齢と老化の話でゲンナリですが、誰しもに来ることですから仕方ないよね。もの忘れの話とか老眼の話とか、書くことはいっぱいあるのですが、序の口として今日は「乾燥」の話。

弦楽器を弾く私と弾かれる楽器、その両方にとって乾燥は大敵。

「え?乾いている方がよく鳴っていいのでは?」

そりゃそうなのですが、「過ぎ」てはいけないのですな。そのために、こんな道具まである

ずっと以前に、チェンバロやポジティヴオルガンのメンテナンスをしている方に聞いた話で、冬の演奏会のときホールの暖房が強くて(ときには30%切ったりするものね)マズイときなど霧吹で水分直接空中散布するというワザを知って以来、急場をしのぐときにはこの方法を用いております。

と、楽器はそのように。

で、私はというと…

うんと若いころは大汗かきで、ちょっと弾いたら顔や体躯など汗だくになり、これみよがしなほど「弾いてるぞ感」を漂わせていたのですが、左右とも掌は汗をかかないという演奏者としてはラッキーな体質でした。それが加えて30代ころから顔や体躯もあまり汗だく君ではなくなってきて、ただ脂っぽくないだけで乾燥肌とは無縁だったのですが、いよいよ来ました華麗なる乾燥。弓を持つ手がすべる、左手がかさついて弦やネックと親和しない…。それから指先(爪のすぐ横)の皮膚が乾燥して角質化して固くなってきて割れて痛くて弾けなくて(「て」が多い)困ることが増えて来てしまって(また「て」)。

弦楽器自体とその弓は、掌や指との親和感がとても大切で、滑るから一生懸命力を入れて楽器や弓を持ってしまうと非常によくないのですね。とくにガンバの弓は右人差し指根本関節近くで直接弓の毛とコンタクトしているので、その場所が乾燥して弓の毛が滑ってしまうと弾けなくなってしまって困ってしまう事態が発生してしまって難儀なことこの上なく(こんどは連続「しまう」)。

そこに登場したのが、若いころから経験していて「乾燥の先輩」と言えるカミさんが見付け出した方法というかグッズというか薬というか。

グリセリンワセリン(いわゆる白色ワセリンね)。

グリセリンで保湿してワセリンでそれを閉じ込めるような感じ、でしょうか。

もともと、薬や化粧品の原料になるようなモノですので当然香料などが含まれておらず、匂いも殆ど気にならないし使用感もシンプルで、なんといっても安い。ホントに安い!

弾く前に限らず、手を洗ったあととか寝るまえとか、ことあるごとに使っています。百均で入手した容器に小分けして、カバンにもいつも入っています。

そして、このグリセリン、なめてみると(何故なめるか?)甘いのでした。不思議…と何となく思っておりましたが、この記事を書くためにWikipediaに聞いてみると、「甘いからグリセリンと名前がついた」とのこと。

知るは楽しみなり、と申しますが(昔NHKの鈴木健二さんがこう言って始まる番組があったね)、知ってしまったあとで、知らなかったときの自分を省みることにも、ある種の面白さがあると感じることがあります。

「ああそうだったの!」

こういう体験を、忘れないで積んで行けたらと思う…

…のだけれど、でもどんどん忘れていく、華麗なるもの忘れについては、また機会を改めて書こう。

【参考】Wikipediaより
◇グリセリン
◇ワセリン

-trackbacks (0)

Mai

4月中旬のこと、PC自体の調子がだんだん悪くずいぶん重くなってきたので、エイッと「工場出荷時に戻」してみることにした。現在インストールされているアプリケーションの一覧を出力して、ドライバを確認して…。

このあたり、手順や作業中のインターフェイスの推移など、ホントにまだ目新しくて、面白かったけど少々疲れた。Windowsユーザになってから日の浅いわたくしでございます。MacOS9のシンプルなデザインのインターフェイスが、すでに懐かしい。

結果、キレイになったHD上に、必要なだけのアプリケーション(前はいろいろ試そうとして、どんどこ入れてた…汗)をインストールして、おかげさまで快適に動いとります。

かてて加えてインターネットの接続環境も、テレビや電話とともにCATVに変更。速度改善と、料金も(笑)。

そして、明日から五月、「Im Wunderschönen Monat Mai」。
それに相応しいかどうかは別として(笑)「なにわ《オーケストラル》ウィンズ」のリハーサルが始まります。今年は東京が先。

なにわ《オーケストラル》ウィンズ演奏会 2010

■5月4日(火)4:00
 すみだトリフォニーホール

■5月5日(水) 5:00
 ザ・シンフォニーホール

※なにわ公式サイト
→ http://www.geocities.jp/naniwa_orchestral_winds/

comments (0)trackbacks (0)

おべんたう

同僚が毎日のお弁当(連れ合いさんの分とふたつ)を公開してるのにインスパイアされて(真似、とも言う)突然写真アップ。

20100407lunchbox.jpg
クリックで拡大します(別ウィンドウ)。


彼は自分で毎朝地元の食材などを上手に採り入れてふたつ作っていて、感心することしきり。私の場合は腕に些か問題があるので(汗)カミさんがしっかり油分を取り除きながら作ってくれる。量としてはたっぷりあって、「高たんぱく低脂肪・野菜たくさん」のダイエット強力支援メニューが有り難いお弁当。

朝晩体重計測を始めてから今日で71日め。当初102kgだったのが、最大瞬間風速87kgを記録した(今朝はもう少しあった…汗)。といってもグラフが単純な右下がりではなく、だんだん「遠目から見ての右下がり」になりつつあって、少しタームを長く考えなければならないようになってはきたけれど、引き続きやってみようと思っている。

【今日のメニュー】
・鶏ひき肉海苔ロール
・ブロッコリーのマヨネーズ焼き 粉チーズ風味 *1
・粉ふきいも ゆかり風味
・水菜のお漬物
・カリカリ野菜(大根と人参)ピクルス
・黒豆甘煮 *2
・玄米ご飯

いただきます! あ、まだか。

注)
*1 低カロリーマヨネーズ使用。
*2 主に羅漢果由来の甘味料使用。

comments (6)trackbacks (0)

カミングアウト

実は今年に入って松がとれてから、少し真面目にダイエットしています。3年数ヶ月前に禁煙して以来、ストレスか吸収が良くなったのか代謝が落ちたのか単に飲み食いが増えたのかハタマタ合せ技か、巨大化を続けた自分は、この背丈になってからの最大値を更新してしまったのでした。もちろん100kg超えね(泣)。

中略w

で、始めました。方法は…

・1日摂取1600kcal程度(上下はありますよ)
・高たんぱく(低体温気味だったのを治す意味も)
・低脂肪
・繊維質をたくさん摂る(白米でなく玄米とか黒米混じりとか…)
・ゆっくりよく噛んで食べる(必然的にこうなる)
・基本的に酒はのまない

…もちろん「まちがい日」とか「おおまちがい日」とかもあるだろうし(まだないけど)「ストイック」というような身にふさわしくない感じにはならないように(大丈夫だと思うよw)行おうと思っています。

で、体重計も新規購入。体重・体脂肪率・内臓脂肪・骨量・基礎代謝・筋肉重量などがわかるらしい。これに朝晩乗って量って記録。例の有名になった「レコーディングダイエット」(旧・死なないぞダイエット)用のエクセルのテンプレートとかが存在するのです。入力するだけで何種類かのグラフが見えるようにマクロが組んである。

今のところ順調に右肩下がりで来ています。といってもまだまだ人並み以上にあるけどね(泣)

食べるものを減らす・食べ物の質を変える・酒を減らす…そのこと自体にストレスは勿論あるのだけれど、逆に気持ちが冴えたりもしますし、よく眠れるし。それから、なんといっても

禁煙よりラク。

ダイエットによる体型変化と奏法の変化については、これからおいおい研究していきましょう…て、ウソですがw。

comments (4)trackbacks (0)

やじキタ

最近の青年の趣味、変ってきた。ウチの上の子、高3の年ですが、前の首相(アニメのひと)と今の首相(当時野党代表)との党首討論を、ある動画サイトで最初から最後まで見通したという。友達とその話題で盛り上がったのだろうか。

その話を息子から聞いたときにしみじみ親子で共感したのは、野次の喧しいこと。

「あれ、メインの議論がほとんど聞こえへんやん」

どうして必要なんだろうか?
無くせない理由、私にわからないだけで、きっとあるんだと思う。
どなたか教えてくれませんか?

そこで、思いついた。「ある動画サイト」方式を採用しよう。

以下、近い将来議員の先生方へ配布される文章より。

演説される先生、討論される先生方、委員長・議長の先生方は、厚いガラスで仕切られたブースに入っていただきます。その他の委員・議員の先生には、そのブースのガラス自体がディスプレイになっておりますし、天井近くにも巨大なディスプレイをご用意いたしますので、お手元のキーボードもしくはお持ちの携帯電話などから、演説・議論・討論の内容に即した 野次 コメントのご入力をお願い致します。そうされますと、リアルタイムでディスプレイに表示され、同時に全国民に実況放送されますので、国民の政治への関心はいや増して高いものとなること間違いございません。(なお、ブース内の先生方におかれましては、仕切りのガラス窓のディスプレイは中からは 野次 コメントが見えない仕様になっておりますし、お手元の画面でも、「コメントを表示しない」をクリックしていただきますと 野次 コメントが非表示となり、 野次 コメントに気を取られることなく、ご演説ご議論をお続けいただけます。)
ただ、申し訳ありませんが録画されたものにゆっくり時間をかけて 野次 コメントをお書きいただくことができません。できるだけすばやいタイピングをお願いしなければならないのが心苦しいのですが、どうぞよろしくお願い致します。なお、議場・委員会室は法令により「禁声区域」と定められておりますので、音声入力ソフトのご使用もしくは「実声」によります 野次 コメントのご発声はくれぐれもお控え下さいますようお願いいたします。若し法令に違反された場合、罰金・禁固刑など各種取り揃えてご用意させていただいております。

「わしゃパソコンなんぞ使わんぞ書類も毛筆じゃ」の方、もしくは人差し指のみ入力の先生方、今日からタイピングの練習をお始め下さい。もしくはお孫さん方がケータイメールの早打ち技をきっとご伝授下さることでしょう。お年玉はずまなきゃ。

comments (0)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile