Labyrinthos

二重奏

連続ガンバ記事にて失礼…。
twitterや会社の楽員ブログで地味に宣伝させてもらってた演奏会ですが、
無事に終了しましたのでご報告。

合わせて弦は10本あるとはいえ、なにぶん家内制手工業的(?)な演奏会ですので、
ふたつの楽器と二本の弓でいろいろしなければなりません。
アレンジメントなども含めて、準備も当日もけっこうたいへんでした(汗)。


20110118urban1.jpg
↑ちょっと喋り過ぎ…という声も…。「いつもじゃん」という声も…(泣)。

20110118urban4.jpg
写真でお分かりのとおり、ガラスの向こうは御堂筋(ときどき各種クルマが通りますが…笑)。
たくさんのお客様にお越しいただき、和んだ雰囲気で演奏させていただきました。
お客様もリラックスして聴いて下さったような。

20110118urban6.jpg


お客様・関西アーバン銀行の皆様、ありがとうございました。
それから聴きに来てくれた仲間のみんな、ありがとう!


【関西アーバンイブニングコンサート】

平成23年1月18日(火)18時30分
関西アーバン銀行 心斎橋本店 1階ロビー

大津睦(バロック・ヴァイオリン)
内藤謙一(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

◇Christian Petzold 1677-1733
 ・メヌエット
◇Johann Sebastian Bach 1685-1750
 ・2声のインヴェンションより
  BWV772 , BWV776 , BWV779
 ・イギリス組曲第4番へ長調BWV809よりプレリュード
◇Carl Friedrich Abel 1723-87
 ・アダージォ 二短調(無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための)
◇Diego Ortiz 1510?-70?(「変奏論」より)
 ・無伴奏のためのレセルカーダ
 ・レセルカーダ第2番
◇Heinrich Ignaz Franz von Biber 1644-1704
 ・パッサカリア ト短調
◇Georg Friedrich Handel 1685-1759
 ・ヴァイオリンソナタ イ長調HWV361より
◇日本のうた
 ・からたちの花 ・ふるさと


※写真は、会社事務局のE.Yさんが撮って下さいました。ありがとう。

-trackbacks (0)

おいしい珈琲

今日は六甲の山の上で、カミさんがバッハの「コーヒー・カンタータ」を弾いてきた
カンタータや他の曲の演奏だけでなく、バッハの時代のコーヒーやお菓子の話…にさらにとどまらず、当時のコーヒーやお菓子も再現して実際にふるまわれるという、興味深さ。いわゆるトルコ・コーヒー(煮るやつね)もあり現代のもあり、お菓子は香料とか入ってなくて粉と卵とバター、という素朴な感じのもあり現代のrrrリッチフレイヴァー(巻き舌で読んでね)なのもあり。


……だった、らしい(泣)。

カミさんがお土産にと持って帰ってくれた珈琲を軽く淹れていただいたら、それがあまりに旨くて、つい、この記事を書いた(笑)。

しかし、面白く書いてある曲。お父さん、アータいっぱい遊んでるやろ、きっと(笑)。


【追記(3月15日)】
当日の様子、こんなところにもありました。

comments (0)trackbacks (0)

踊ってください

…と、いうわけで(前の記事の私のコメントから続く)、11月のアタマに
また「母の家ベテル」でガンバを弾かせていただきます。

●ご案内はこちらにあります●

今回の目玉は、なんといっても踊りとご一緒、という点ですな。バロック時代の典雅・優雅な(印象はきっとそれだけではない、と思いますが)ダンスをお楽しみいただき、願わくば私も楽しんで弾かせていただく、と(「(泣)」にならないよう気をつけなければならないのです)。

踊り手のお二人に関しては、ちょと検索していただければ、たくさんヒットしますので、読者のアナタにお任せします(笑)。

今回は大胆にも、ホントに大胆にも、マジ無謀にも、マレのソロの曲も弾くことになっていて(驚)、練習して(涙)おるのですが(汗)、なかなか(血)……。

でもがんばって、なるべく良い雰囲気の演奏会にしたいと思っておりますので、

皆様のご来聴を御願い奉りまする。ははーっ。

※追記 : 「コントラバスでひとつ」の方は、まだご案内できないのですが、何人かの方に「日付と場所だけでも…」というリクエストをいただきましたので、とりあえず。

とき : 11月24日(土曜日)午後二回本番
ところ : 京都シネマ

で、もちろん「京都シネマ」の検索も読者のアナタにお任せして…(笑)。

comments (0)trackbacks (1)

また違う弓

すっかりタイミングを失して、スカタンなことこの上ないですが(泣)、先のOLCで使った弓でございます。今日現在はこのブログの上↑にも見えるバロックの弓と比較してお目に掛けます。


image


右側が、今回Y響のNZ兄さんにお借りしたクラシックの弓です(画像はクリックで拡大します)。「ドラゴネッティ=ボウ」。


image



image

先のかたちが全然違いますな。持ったときのバランスが全く違うのです。驚くほど。いやホント。
どう違うかというと、カマス頭の方は手元にバランスがあって先に行くほど音はやせる(というか削れる、というか)ようにできてます。バロックの音楽のキモである「音のシェイプ」が作れるのですな。
それに比して丸頭の方は、先がしっかり重くできてます。バロックからクラシックへ(なんて大雑把な言い方!)音楽が変化するとともに、弓のかたちや機能も変化してきました。卵鶏的に、ではあると思うのですが。

材質も大きく違って、このバロック弓は所謂「スネークウッド」ですが、ドラゴン君の方は所有者さまに「林檎の木じゃねえかと思うんだよ」とうかがった覚えがあります。
他にも「フェルナンブコ(モダンボウの材料)」は勿論「アイアンウッド」とか、ありますな。また「ホワイトウッド」とか「島の木」とか(いずれも原語は仏蘭西語、なんていうのか忘れた)何の木だかよくわからないモノでコントラバス弓を作ったという記録などもたくさん残っています。

(バロック弓もクラシック弓も)かたち・材質ともに、他にもいろいろなタイプがあるのですが、今回OLCではベートーヴェンということで、ドラゴネッティ弓がスバラしく相応しい感じでした。面白い鳴り方するのよー。

ちなみに弦は今回初めて、上二本に羊腸の弦を使ってみました(下二本は牛)。それを馬のしっぽでこするし、ティンパニの皮は山羊皮だったし(音の減衰が早くてハッキリとした輪郭…)、いろいろな動物さんにお世話になりながら我々、ゴハン食べさせてもらってます。ありがとね。もちろん直接動物さんを食べますし(笑)。

comments (2)trackbacks (0)

とりあえず築地

古楽オケのリハーサルの間、築地に宿泊してました。本番が大阪なので今日帰宅しました。リハーサルのこと等あれこれ書く元気が少し足りないので、それは後日談として近い内に(書くかなあ…?)。
泊まった宿から交差点一つ渡ると、築地本願寺。
tsukijihonganji.jpg

宿自体が、場外市場のまっただ中で、こういうモノがいただけます。
magurodon1.jpg
そのディテール↓
mogorodon2.jpg

美味しかったと言わねばならないでしょう!


続く。(て、ホンマか?)(泣)。

comments (2)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile