Labyrinthos

驚いた

20061211sunset.jpg

↑ 数日前の夕日。「綺麗だったので」以外の意味はない。

ところで今日の「驚いた」は全く別のこと。

「モーツァルト生誕250周年で全作品の楽譜をオンラインで公開」


あまりに驚いたので、感想その他はまた後日に(なんじゃそら。眠たいだけと違いますかー?)

comments (2)trackbacks (0)

師走だね

12月に入ってぼつぼつ一週間ほど経ちますが、流石にここのところの寒さ。でも「こうでないと」という気がします。

街のあちこちや、最近ではそこらのお宅でも(失礼ねっ)クリスマスに向けて様々に飾られています。
実は私、ほとんど興味がないのですが、ここだけ ↓ は少し別の感慨が。

xmas1.jpg

もう少し近付いて…

xmas2.jpg

実はここ、「うち」です。高層住宅のエントランス前生け垣に、今年はこんな飾りが。震災以来続いていると聞いているのですが、居住者有志が毎年飾って下さいます。

待ちで見るオーナメントは何とも思わないか、もしくは「ピカピカしすぎだよ、うるさいねー」くらいに思って通り過ぎるだけの場合が多い私ですが、仕事から帰って来てこれを目にするときにはしみじみ、「帰って来た…」と嬉しく思います。もちろん誠に身勝手だとは承知しているのですが。はい。

「有志」の皆さんは、節句には大きな高い鯉幟も立てて下さいますし、各種イベントの折にはいつも大活躍されます。有り難く嬉しく思っておりますが、土日に仕事の多い私などは、お役にたたないことが多く、身の縮む思い…「思い」だけでホントには少しも縮んでくれませんが。

近隣の皆様のおかげで、今年も「師走だね」と感じることができました。感謝感謝。

comments (2)trackbacks (0)

KHSOBORCHE大会

…て、どこで区切って読むのかわからんタイトルですし、今更の感は払拭できませんが、去る11月25日に神戸市内某所で行われた大会の様子です。

うし先輩のとこDBH先輩のとこMchanのとこ、それぞれトラックバックさせていただきました。それぞれのとこに、それぞれの写真と、それぞれの記事。ということは、それぞれの思い、でしょうか。それぞれではあるけれど、どこか似通っている部分、共通・共有する部分があるような気もします。

当日一度も楽器をさわることなく、ただ呑んでワーワーと賑やかしていた私としては、写真にひとひねりするつもりで激写しておったのですが、携帯電話のカメラのせいか腕のせいなのか、ブレてたりボケてたり続出で泣きたいのをグッとこらえて、アップします。

Anyway とーても楽しかった!

【1 : 写真の人々】

audience.jpg

みなさまのブログに掲載されている写真の数々は、こうして撮影されたのです。とくにK.Onoさんが演奏されているときは、フラッシュも一層眩しく。

【2 : けむりの人】

smokestar.jpg

と、こんな目に遭ってもダイジョーブ…になりました!(ごめんね★さん、「おいブログに載せるなよ」て言われたのに載せてしもた。でも、ヘーキだったから、ドンマイン)

【3 : グラスとピースの人たち】

double27th.jpg

お二人、同級生ですよね。うし先輩のところにもツーショットが。

【4 : 時計の人】

s_clock.jpg

ステージでは「Syncopated Clock」が弦楽合奏のみで奏でられております。とつぜんお二人が口に指をつっこんでは「ポン」「ポン」とウッドブロックマシーンと化しました(この写真一番ブレていて悲しかった)。

しばらくすると別のやり方を発見したお二人は…
(↓「続きを読む」前に、曲を思い浮かべて下さると嬉しい!)

続きを読む>>

comments (7)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile