Labyrinthos

転がり続けなくてもいいけどね、そんなに極端でなくても。

もうすぐ8月も終わり、夏休みも終わり。

自分の時は宿題で真っ暗な月末を過ごしたものですが、皆様の周りのお子さんたちはいかがでしょうか?

今日は、遠く鳥取の地ではG高校のみんながC大会に臨んでいるし、それを聴きにいけなくて残念な私にその無念さを少しでも取り払ってくれるように、会社関連野外コンサートでは「ユースオーケストラ」の初舞台。

目標や目的は違うのですが、共通する懸命な姿に、動かされる気がしています。

加えて、詳細はまだ書けない(いつになったら書けるのかワカラナイw)けれど、知人が喜び事を明かしてくれたので、それにもまた動かされて。

若い頃から、どちらかというと夏は好きで、秋は実に好きなのですが、本当に好きなのは、それがどの季節であっても次の季節へと移るまさにその「替わり目」。物事が止まっている・安定している・動かない…ことではなく、移ること・揺らいでいること・動くこと。

自分の中の何かに、動きを与えてくれる。

ありがたいこってす。

comments (0)trackbacks (1)

2007夏休み

image
麦藁帽子は見かけなくなったし、近くに田んぼが無いから蛙が消えたかどうかは定かではない。ウチの子はもう絵日記つけるトシでもないし…。

それでも、なんとなく待ってる夏休み。
今年は会社もそこそこ忙しいし、他仕事もわりあいあって、休みどころではないけれども、心ひかれる期間。

やっぱり私、基本的に南方系なんだねー。

昨年まで同様、今年もそこここで吹奏楽の子供らと関わることが多くあります。昨年は初めてコンクールの聴衆になったものの最後まで聴けずに帰らねばならなかったのですが、今年は発表(とその瞬間の「キャー」)も聞いて、子どもたちと話せたし。よかったよかった。

(聴きに行けなかったS高のみんな、ゴメンね。どの学校のどの子も次の大会や本番、頑張って…と祈っております)

打ち込む彼らの姿を見ることは、自分にとって、何かのスウィッチが入る気がして。

それと、もうひとつ今年加わった仕事は、以前から少しお伝えしている会社のユース・オケ(この辺にも情報が!)。夏休み最後の土日、恒例になっている野外音楽堂のコンサートで、彼らがデビュー致します。彼ら単独での演奏(カルメン組曲より)と、会社との合同演奏(マイスタージンガー前奏曲)も。

短いけれど(30秒…)TVスポットも流れています。毎日じゃないけれど(泣)。
関西TV
8月15・16・17日
各午前11時29分30秒〜


で、みなさん演奏会へは、どうぞ団扇片手に、聴きに来て下さいね。


無料だし(笑)。

comments (0)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile