Labyrinthos

home

突然ですが昨日(20080127)夜、日本テレビ系列の「相談の出来る法律行列所」を見てました。「子だくさん芸能人特集」で、堀ちえみとか出てて「うわー、◎×△■(月日の経つのは早い、と驚いている様子)…」とか思ったのですが、まあそのことは置いといて。

ゲストの歌手が家族と一緒に出てきて一曲歌いました(これを聴くために見てた)。


home(初回限定盤)(DVD付)


「home」というその歌(↑CDジャケット、リリー・フランキー作だそうです)をうたった木山裕策(公式サイトブログ)というその人、同局系列の深夜の歌番組「歌スタ!」をパスして39歳でメジャーデヴューするに当たっては、「物語」がありますので、上記のリンク先を読んでみて下さい。

で、その曲はなかなか良いし、歌ってるヒトもなかなか上手いのですな。

「物語」と「曲」と「ヒト」と「歌」。セットで一度聴いてみて下さい。(たしか来週発売…)

えー、何故にここに突然このことを書いたか、というと、歌が上手いし曲が良いし…というだけでは、どうも、無さそうですな…と賢明な読者諸氏にご想像いただいたところで…

続きを読む>>

comments (0)trackbacks (0)

がおーっ

唐突ですが、動画です。



詳細はギャラリーをご覧いただけると。久々に幾つか新作をupしております。

youtubeへのリンクなんて、「なんだかいかにもブログ」って感じがして今までやったことなかったのですが、なんにでも初めてということはあるのだから、と思って。「きっかけ」とか「理由」とか、聞くなよ…無いからね。

「ネタつまり」以外には(泣)。

comments (0)trackbacks (0)

むすめふさほせ

下の子の冬休みの宿題に曰く、「小倉百人一首から20首を覚えること」。

とりあえずの「課題考査(宿題ちゃんとやりましたか試験)」に出ることはないらしいのですが、来るべき百人一首大会に向けて…とのこと。

20首なんて、ねえ。そんなのムリさ、いきなり(そもそもオレ20首覚えてるのかな…自信無いから数えないもんね、ガクガクブルブル)。

シミジミ考えるに、ある程度トシを重ねて、古文・古語の読み方や歌の意味、それから何よりも、それぞれに込められた気持ちなんかが少しずつわかるようになってきて、はじめて「あ、そっか…」ってことでしょ。

と言ったらカミさんが、「でもそうして覚えられる状態になったときには、肝心の『記憶力』がね…。」

そのとおりです(泣)。だから「覚える」のは諦めて「味わう楽しみ」でいこう、と心に決めたのでした。いえ勿論賢明なる読者のみなさんはずっと若い頃から「覚える」「味わう」両方なさってたと思うのですよ、 悪魔でも あくまでも賢明ならざる私の問題ですからね(泣&汗)。


で、話は百人一首などの古典に限らず、文学一般にさえ限らないのですが。


例えば古い歌。若い頃や小さい頃に覚えてしまって今でも諳んじることのできる歌も、「口と声で」歌った・聞いた当時よりも今の方がずっと味わえることが多いと思いませんか?「アタマと気持ちで」うたったり聴いたりしているに違いない、と思うのです。曲名など実例を挙げるのは恥ずかしいので絶対に書きませんが、歌われてる単純な内容に非常に心動かされることがあって、自分で驚く。

さらに驚くのは、新しい歌が(初めて聴くときでさえ)自分の中に入ってくる速度、咀嚼して味わう老獪とも言える早さ。
そしてもうひとつ、ここで有り難いのは、あっという間に忘れてしまって…

「ええと何だっけ、ホラホラ…」
「ア、そうだ!」(泣笑)



「味わう」とは、行間や言葉の端々や言葉と言葉のあいだに「言っていない」「書いていない」なにかを感じること。内容は古くても新しくても、紙に書かれたものであっても下↓のようなテクノロジーを使ったりしたとしても。 若い頃に比べて、そういうことに自然に気持ちが向くようになったのですな。



このソフト買うかって?そんなアナタ、買うわけないじゃない(爆)。

comments (0)trackbacks (0)

スタート

ども、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年最後のエントリーが↓の有様なもんで、三が日は書こうとしてセルフ挫折を繰り返しておりました。

実は、

今日も取り立てて書くことはないのですが、そんなときでも何か書く、という方針を昨年のいつだったかに立てたような気がするので、えいっ。

「えいっ」と言えば、年末にコンビニの『ついてるはずのおまけが無くなっちまった安売り』で買ってきたDVD。


今年は例年より少し長く、ちょうど一週間休みだったので、その間には見られるかな…とタカをくくっておりましたら、あらら。
昨日(3日)夜に初めて、ほんの少しみて眠くて寝ちまった(泣)。

で、明日から業務再開です。

えいっ。

comments (5)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile