Labyrinthos

ひと月

前回記事は先月20日だったから、どうせならもう二日待ってから、とも考えたけれど、そのこと自体に今は意味を感じなかったので突然今日更新。

先日誕生日を迎えて、47歳になった。感慨も何もあったもんじゃない。すんなりトシをとって。それというのも今年はこの4月から…(以下略)。

ある年下の同僚が今年を評して「人生の中で3本の指に入るくらいしんどい年」と言っていたけれど、ほぼ同感。それというのもこの4月から…(以下略)。

今は楽器を弾く・教える・ことと同じくらい…もしかしたらそれ以上かも…何かを書く・仲間と話すことに時間を使う毎日が続いている。したくてそうしているわけではないけれど、今やるべきこと・やらなければならないことを考えたり片端から片付けていこうとすると、どうしてもそういう毎日。

それは、本当につらい時間が多いのだけれどその合間に弾く・聴く音楽に、私自身がホッとさせられていることに気づくのはとても嬉しいこと。その力を感じることができたのはとても有難いこと。もしかしたら、つらい時期だからこそ、ということもあるのかもしれない。いつでも感じていたい・気づいていたいと思うけれど、凡人は悲しい。


日頃仕事で楽器を弾いていると、つい「理屈」に頼ったり、「洞察」のようなものを求めようとする意志が働いて、自分ながらとても人間ぽい(?)と思うのだけれど、最近のように体が疲れていたり時間がぎりぎりだったりすると却って、天才達が書いて現在まで残っている古今の名曲が、その音楽そのものが「人智を超えている」のだ…ということを感じられる瞬間に、ふと思い至る頻度が高くなるような気もして。

こじつけだったり意味の後付けだったり、自己救済へのエネルギー注入なのかもしれないのだけれどね。

ずっと以前、尊敬する先輩から聞いた話、あるチェリストの言葉。
「良い音楽は、いつも部屋の真ん中のテーブルの上に載っているとは限らない。もしかしたら、部屋の隅に、気づかないようにそっと降りてくるかもしれない」


その音楽が降りてくるのを、床に落ちる前に手に取りたい・捉まえたい、食べたい飲みたい…と、とても強く思う。

たとえばそんな音楽や、他にも何か目立たないカタチでそこにある小さいもの、忙しく通り過ぎてしまう時間の中に見え隠れするそれら大事なことへの「動体視力」みたいなものを一所懸命持ち続けよう、と何となく決意した今日なのだった。

ごめんね抽象的で。

comments (4)trackbacks (0)

懐かしいアナタからのメールをお待ちしております

ホントに一度熱がぶり返しましたが、何とかそれも治まってくれました。でもなんとなくスッキリしないので、そこらの総合感冒薬買ってきて服んでます…。熱は去って、残ったのは、咳・のど痛・眠気・のどの渇き・倦怠感・閉塞感・怒り・憤り…など。
関係ないんちゃうん?(笑)。

「前回の風邪がいつだったか分かる」…忘れている自分の近い過去のことを思い出せる…ローカルな便利さを感じたのですが、やっぱり嬉しいのは、遠くや近くの懐かしい人がブログを見てメールフォームから連絡をくれること。ごく最近も、そういうことがありました。

ずーっと以前(何年前かは書かないでおこうよ)ある大学オケのコントラバスパート全員がアタシんとこにレッスンに来ていた時期がありました。その中で一人二人は現在でも連絡が取れたりもしているのですが、概ねもう昔のこと。

一度本番のときに声をかけてくれたことがあった子が、最近メールくれました(「子」て、今はお母さんです)。

思えば当時私も20台真ん中くらい。音楽大学でも教え始め、勿論一所懸命やってましたが、どんな内容のレッスンをしていたか、と思い出すにつけ、つい溜息が。

ごめんね、当時のみんな。
その少し後のみんな。
そのずーと後のみんな。


え、今も、て? (大泣)


それぞれのとき、精一杯だったとはいえ、拙い先生でホントに申し訳ないことでした。
文字通り汗顔の至り、というのですな、こういうの。
  たまたま今風呂上りで少々暑いけれど(あほ)。



その「子」がレッスン中に、無意識に足の指をぽきりと鳴らしていたことを、今これを書きながら思い出しました(笑)。


みんな、元気ー?

comments (7)trackbacks (0)

霍乱

鬼、かどうかは定かでない…というか、自分じゃワカラナイけど、なんせ風邪にやられた。

4月前半から例のことでなんやかや忙しいような毎日を送っていて、何となく家族の体調も今ひとつで、5月アタマに例の「なにわ」関連で忙しくて、「なにわ」終わってみたら疲れが残っていて…

と、体力が落ちていたら、「夜網につけこむ風邪の神」にやられてしもた(誤字ではなく、そういう落語があるのれす。あ、しもた、サゲ言うてもた)。

風邪薬なんか、普段あまり服まないもんだから、たまに服んだら、もう寝る寝る。あっ、と思ったらもううたた寝。えっ?と思ったら朝まで寝てる、とか。

で、起きたらまた例の件がアタマを悩ませてるので、逃げ込むようにまた寝る。これでいいのでしょうか?

これでいい、筈もないけれど。

今日はこれまで(えっ?)。

comments (10)trackbacks (0)

無題2

ご心配おかけして、申しわけもございませぬ。

「忙しさだけではなく、大変だ…」と感じていたことのうち、忙しさのせいで見えていなかったいくつかのことに気づいてきた。忙しさが緩和されるにつれて。

ご心配をおかけしましたが、大丈夫です。

忙しさの中身も、不毛なこと・単に時間を取られるだけで実がないこと等は全く無く、非常に意味のある経験をさせてもらったりもした。




・T県で旨い魚をたーくさんいただいたし
・あちこちでひたむきな眼差しを多く見るようになってきたし
・その他いろいろなところで ry

よーし。




前の記事にコメントいただいた方々をはじめ、フォームからもしくは直メールを下さった方々、ありがとうございます。

comments (0)trackbacks (0)

無題

久しぶりに「迷う」カテゴリに記事。
というか、そのカテゴリにしか該当しない。

ちょっと最近大変。忙しいだけではなく。
詳細は勿論書けません。

凹…。

comments (5)trackbacks (0)

Archives
Other
Profile